コラム 「セリーズ(Selly-s) Tips」

マーケティング

オンラインアシスタントとは?基本から導入メリットを解説

業務の効率化や省人化などが図れることから、近年オンラインアシスタントの活用を検討する企業が増えています。今回はオンラインアシスタントの基礎知識と導入企業の増加の背景、導入するメリットについて解説します。

オンラインアシスタントとは?

オンラインアシスタントとは、社内の業務をオンラインで代行してくれるサービスのことで、社内業務の一部もしくは全部を委託することで、社内の業務効率化を図れます。オンラインアシスタントが対応できる業務は、間接部門の作業など重要度の低い仕事が基本ですが一般事務から営業事務、経理などの専門事務、またはコールセンター、マーケティングなど顧客応対が必要になる領域まで対応が可能なサービスもあります。

オンラインアシスタントを導入する企業が増えている

オンラインアシスタントを導入する企業が増えている理由としては大きく3つ挙げられます。

人材不足

一つ目は「人的リソースの確保」です。近年では自社にマッチした人材の採用が難しくなっている傾向があり、採用・教育コストの増大が課題となってる企業が増加傾向にあります。

業務効率化

二つ目が「業務効率化と生産性の向上」です。間接業務の人件費などを削減し、利益を生み出すコア業務に人材を集中させるための手段としてオンラインアシスタントが活用されるケースは珍しくありません。

環境改善

三つ目は働き方改革の対応などが目的の「職場環境の改善」です。働き方改革など、時間外労働の上限規制など罰則付きの法令が幅広い企業に適用されているため、これらに対応するために効率的な働き方の実現やコストの安いリソースの確保が求められており、その代表的な手法の一つとしてオンラインアシスタントが注目されているのです。

オンラインアシスタントを導入するメリット

オンラインアシスタントのメリットの一つは、専門的な知識を持ったスタッフを即戦力として活用できることです。一般的に正社員を採用するとなると、募集→書類選考→複数回の面接→内定といったフローになり、さらに入社後は社内研修の実施など、採用にかかる時間や業務に対応できるまでの教育にも時間とコストがかかりますが、オンラインアシスタントは専門業務の経験が豊富なスタッフを最短一週間程度の準備で稼働できるケースもあります。人材のミスマッチも少ないため、効率的な人的リソースの確保が可能です。

また、必要な業務だけ依頼できるのもメリットの一つといえます。スポット的な業務支援はもちろん、繁忙期と閑散期で依頼内容などを変更することで人件費の最適化も図れます。さらにマーケティングやITツールの利用にともなう教育コストも必要なく、欠員のリスクも最小限にできるのも大きなメリットといえるでしょう。

自社環境に最適なオンラインアシスタントを選びましょう

オンラインアシスタントの概要と活用のメリットなどについて解説しました。近年は人材不足の企業が増加傾向にあり、採用コストもかかることから、オンラインアシスタントの需要の高まりを受け、さまざまな企業がサービスを提供しています。
利用する際は依頼する対応できる業務範囲がマッチしているか確認しましょう。

特に、オンライン上でのやりとりがスムーズであり、かつ業務領域の知見と経験が深いスタッフが在籍していることは重要なチェックポイントです。
オンラインアシスタントサービス「セリーズ(Selly-s)」は、営業・マーケティングに精通したスタッフによるインサイドセールスやMAツール運用など専門的な業務の支援を行っています。業務の効率化や生産性の向上、コスト削減などを図る際はぜひ活用をご検討ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

資料請求・お問い合わせはこちら

「セリーズ(Selly-s)」の
活用事例

多分野にわたるセリーズ(Selly-s)の活用事例をご紹介します。