コラム 「セリーズ(Selly-s) Tips」

セールス

インサイドセールスでHubSpotを活用するメリットは?注意点も合わせて解説

マーケティング、営業、カスタマーサービス業務の効率化を可能にする機能を搭載したクラウド型ソフトウェアであるHubSpot。効果的なインサイドセールスを行うための支援機能が充実しているため、導入を検討している企業も多いようですが、実際にはどのような点がインサイドセールスに向いているかご存知でしょうか? 今回は、インサイドセールスでHubSpotを活用するメリットや注意点を徹底解説します。

HubSpotが選ばれる理由

HubSpotは、統合型CRMプラットフォームで、自社に合った機能をカスタマイズすることで効果を発揮することが特徴の一つです。その機能の中にはマーケティング、セールス、カスタマーサービスなどのツールが含まれており、販促活動の一連のプロセスをすべてHubSpot内で対応することができます。自社に必要な機能を選択してスモールスタートで試すことが可能なため、世界中で多くの企業に選ばれています。

インサイドセールスでHubSpotを活用するメリット

それでは、インサイドセールスでHubSpotを活用する場合、どんなメリットがあるのかを説明していきます。

顧客情報を一元管理して共有ができる

インサイドセールスは、マーケティング部門からより確度の高い顧客情報を営業部門へトスアップする必要があるため、複数のツールを併用したり顧客情報の一元管理ができていないと効率的に進めることができません。HubSpotは、インサイドセールスに必要な機能がひとつのプラットフォーム内に集約されており、情報の一元管理ができるだけではなく、そのデータからリードの分類や架電先を抽出できるため、非常に効率的な営業活動ができます。

顧客のニーズを正確に把握する機能が備わっている

インサイドセールスは非対面のため、架電での対話以外で、顧客の行動から得た情報をもとに温度感やニーズを把握する必要があります。HubSpotには、顧客が閲覧しているWebサイトのページや滞在時間、メールの開封・リンククリックの状況など、インサイドセールスで必要な顧客情報を把握できるトラッキング機能があります。このような機能で取得したデータをもとにして、その顧客のニーズに合った提案やアプローチが可能になります。

情報の記録や顧客アプローチの自動化

インサイドセールスでは、サービスや製品の比較検討をしている顧客に対して、購買意欲が高まったベストなタイミングで必要な情報を提供することが大切です。HubSpotの特徴として、GoogleやOutlookでやり取りした内容を自動で記録できる機能が挙げられます。メールのやり取りは顧客管理に欠かせない内容ですが、手入力するのは効率的ではないため、この自動記録は非常に便利な機能です。また、リード獲得から商談設定までのプロセスをプログラムすることも可能なので、リスト化、メルマガ配信、ホットリード化した顧客の通知などを自動化することで少ないリソースでも効果の出るインサイドセールスが可能になります。

インサイドセールスでHubSpotを活用する際の注意点

効果的なインサイドセールスを行うためのHubSpot活用には注意点がいくつかあるので、解説します。

無料版だけではできることが限られる

無料版のHubSpot CRMでは、マーケティング活動で得られた顧客の属性や購買履歴などの情報を管理できますが、詳細の分析を行うには少し機能不足です。機能に不足を感じた場合、必要に応じて有料契約することになるため予めその機能について理解しておきましょう。

<有料版の価格表>

  Starter Professional Enterprise
Marketing Hub 2,400円/月~ 106,800円/月~ 432,000円/月~
Sales Hub 2,400円/月~ 60,000円/月~ 144,000円/月~
Service Hub 2,400円/月~ 60,000円/月~ 144,000円/月~
CMS Hub 3,000円/月~ 48,000円/月~ 144,000円/月~
Operations Hub 2,400円/月~ 96,000円/月~ 240,000円/月~

※参照:HubSpot価格表

インサイドセールスに必要なレポート機能を利用するには、「Sales hub」をProfessionalプラン以上にアップグレードすることをおすすめします。

顧客情報の項目はカスタマイズする必要がある

インサイドセールスは、顧客情報の管理や共有、分析の精度を上げることが非常に重要です。顧客情報の項目を自社に合わせてカスタマイズすることでより質の高い業務管理が期待できます。既定の項目で足りるのか、該当する項目がなければどのようにカスタマイズしたらよいのか、インサイドセールスとツールについて、両方のノウハウがないと難しい作業かもしれません。 もし、HubSpotの導入支援を行う場合は、社内でノウハウが蓄積できるように導入後のサポートが継続可能なサービスを選びましょう。

HubSpotを活用してインサイドセールスの効率化を目指そう

インサイドセールスでHubSpotを活用するメリットや注意点について解説しました。 マーケティングとフィールドセールスの橋渡しをするインサイドセールスの活動には、HubSpotのような効率化を叶えてくれるツールの存在が不可欠です。

オンラインアシスタントサービス「セリーズ(Selly-s)」では、HubSpotの運用支援やインサイドセールスまでワンストップでサポートしています。インサイドセールスの効率化を目指したい方やHubSpot導入をご検討の方は、是非一度ご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

資料請求・お問い合わせはこちら

「セリーズ(Selly-s)」の
活用事例

多分野にわたるセリーズ(Selly-s)の活用事例をご紹介します。

    該当がありません