インサイドセールスコラム

リード獲得・テレアポ

【比較表あり】おすすめのSFA(営業支援ツール)10選!自社に最適な選び方

営業活動を効率化し、成果を最大化する秘訣は何でしょうか。それは適切なSFAツールの選択にほかなりません。そこで今回は、おすすめのSFA(営業支援ツール)10選として、自社に最適な選び方を解説します。
<h2>SFAツール(営業支援ツール)とは?</h2>
SFAツールとは、顧客関係の管理から契約の締結に至るまでの一連のプロセスを支援するために設計されたデジタルプラットフォームです。SFAは、顧客データの整理、追跡、分析を自動化し、マーケティング戦略の策定や顧客サービスの向上に貢献します。従来、多くの時間と労力を要したこれらの活動をシステム化することで、担当者がより戦略的かつ創造的な業務に注力できるようになるのです。

具体的には、顧客情報の一元管理を可能にし、個々の顧客に対して最も適切なコミュニケーションやサービスを提供できるようにします。これは、顧客満足度の向上だけでなく、長期的な関係構築にも寄与するでしょう。また、見込み顧客の識別や優先順位付けを効率化する機能もあり、限られたリソースを最も成果の出る活動に集中させることができます。

ただし、適切なシステムを選択するには、組織の具体的なニーズを理解し、それらに最適な機能を備えたツールを選ぶことが大切です。容易にカスタマイズできることや将来の拡張性、また、従業員のトレーニングやシステムの維持管理についても考慮しておかなければいけません。各社のツールを比較検討したうえで、正しく選択、適切に活用することで、企業は持続可能な成長を実現できるでしょう。

SFA活用の効果や基本機能の詳細についてはこちらで解説しています。

SFA活用の効果は?基本機能もあわせて解説


<h2>おすすめのSFAツール比較10選</h2>
市場には数多くの選択肢がありますが、ここでは特に注目すべき10のツールをピックアップしました。それぞれの特徴を簡潔に紹介し、自社のニーズに合った選択を支援します。
<h3>HubSpot Sales Hub</h3>
HubSpotは、全世界で18万以上の企業に採用されている信頼性の高い企業です。その提供する「Sales Hub」は、売上の向上に直結する機能を備えています。マーケティングの自動化を支援する「Marketing Hub」や顧客サポートを強化する「Service Hub」など、ほかの便利なサービスとの連携も魅力の一つです。さらに、AIを活用したツールにより、効果的なメールも作成できます。
<h3>Sales Cloud</h3>
「Sales Cloud」は、世界中で15万社以上の組織に選ばれているツールです。クラウドベースの顧客関係管理(CRM)ソリューションとして、業界でトップクラスの地位を確立しています。ドラッグ&ドロップによる直感的な操作により、顧客の詳細や活動履歴をリアルタイムで一元管理可能です。その使いやすさと効率性により、日々の顧客管理がよりスムーズになり、組織全体のパフォーマンス向上に貢献します。
<h3>Mazrica Sales</h3>
「Mazrica Sales」は、圧倒的な継続率と平均売上成長率を記録している顧客管理システムです。このツールは、AIを駆使してプロジェクトのリスク評価や類似の成功事例にもとづくアドバイスを提供してくれます。また、会議記録や名刺のスキャン、テキスト変換機能を備えているため、日常業務の効率化にも大きく貢献するでしょう。さらに、売上実績や将来の収益予測を簡単に把握できるレポート機能も装備されており、業務の各段階での管理と分析を簡素化します。
<h3>eセールスマネージャー</h3>
「eセールスマネージャー」は、5千社以上の企業に選ばれ、かつ、高い利用継続率を誇る顧客管理ソリューションです。このツールは、一度のデータ入力で必要なすべての場所に情報を即座に展開する能力を持ち、ダッシュボードや活動記録の更新を自動で行います。直感的に操作できる顧客管理、活動記録、プロジェクト管理などの機能を備えており、使いやすさが特徴です。さらに、サポート体制も万全で、導入からすぐにスムーズにツールを活用できるでしょう。
<h3>Dynamics 365 Sales</h3>
「Dynamics 365 Sales」は、Microsoftが展開する顧客関係構築支援のためのソリューションです。このプラットフォームは、顧客の要望を深く理解し対応するための分析ツールとAIによる支援機能を搭載しています。さらに、Microsoft Teamsとのシームレスな統合により、オンラインでの対話や業務の効率化を実現します。
<h3>ネクストSFA</h3>
「ネクストSFA」は、幅広い業界の企業に採用されている、顧客満足度が非常に高い多機能プラットフォームです。このツールでは、顧客接点の管理から成約に至るまでのプロセスが一元的に行えます。また、報告書は日報、週報、月報といった形式で容易に作成可能で、組織のコミュニケーションを円滑にします。さらに、計画と実績の追跡を支援するデータ分析機能や、Googleのメールやカレンダーとの連携機能も便利です。
<h3>kintone</h3>
「kintone」は、幅広いジャンルにわたる業界の数多くの企業に選ばれているツールです。プログラミングの知識にかかわらず、自社の要件に合わせたアプリケーションを簡単に作成できます。また、Microsoftを始めとした多数の外部サービスとの連携が可能です。交通費の申請から顧客案件の管理や受発注のプロセスに至るまで、日常業務を幅広くサポートします。
<h3>Zoho CRM</h3>
「Zoho CRM」は、Zoho社が提供する革新的な顧客関係管理ツールです。このツールの魅力は、AIアシスタント「Zia」の存在にあります。Ziaは、日々入力されるデータや活動のパターンを分析し、商談の成功確率や潜在的な売上減少のリスクを見極め、その情報を提供してくれます。さらに、その費用対効果の高さも大きな利点で、短期間の試用から長期的なコミットメントまで柔軟に対応しています。
<h3>Oracle Sales Cloud</h3>
「Oracle Sales Cloud」は、Oracle社の手がける高度な顧客関係管理ツールです。Oracleの広範な製品群とシームレスに連携し、各種業務プロセスの最適化を図れます。また、市場の動向を分析しターゲットエリアを特定する「テリトリー分析」、精度の高い「売上予測」などの機能を備え、マーケティングから売上管理までビジネスのあらゆる側面を支援可能です。
<h3>SAP Sales Cloud</h3>
「SAP Sales Cloud」は、AIを活用してデータ分析を行い、成約の確率を飛躍的に向上させる先進的な支援ツールです。サブスクリプションモデルにもとづく料金設定から請求処理まで、サービス提供の財務面を総合的に管理できます。業務の一貫性と効率性を大きく向上できるのがメリットです。
<h2>SFAツールの比較表</h2>
各ツールの機能、利用コスト、ユーザーの満足度を明確にするための比較表を用意しました。この一覧を参考に、企業の目的に最も適したツールを選んでください。
<table style=”border-collapse: collapse; width: 100%; height: 424px;”>
<tbody>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>ツール名</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>無料プラン</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>案件管理</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>見積作成</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>データ分析</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>スコアリング</td>
</tr>
<tr style=”height: 80px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”><span style=”font-weight: 400;”>HubSpot Sales Hub</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 80px;”>○</td>
</tr>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>Sales Cloud</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
</tr>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>Mazrica Sales</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>ー</td>
</tr>
<tr style=”height: 48px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”><span style=”font-weight: 400;”>eセールスマネージャー</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>無料デモ体験</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>ー</td>
</tr>
<tr style=”height: 48px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”><span style=”font-weight: 400;”>Dynamics 365 Sales</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
</tr>
<tr style=”height: 56px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”><span style=”font-weight: 400;”>ネクストSFA</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”>ー</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 56px;”>ー</td>
</tr>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>kintone</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>無料お試し</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>ー</td>
</tr>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>Zoho CRM</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
</tr>
<tr style=”height: 48px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”><span style=”font-weight: 400;”>Oracle Sales Cloud</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 48px;”>○</td>
</tr>
<tr style=”height: 24px;”>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>SAP Sales Cloud</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”><span style=”font-weight: 400;”>無料トライアル</span></td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
<td style=”width: 16.6667%; height: 24px;”>○</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<h2>SFAツールを選ぶときのポイント</h2>
適切な支援ツールを選択することは、企業の戦略にとって重要なステップです。このプロセスでは、以下に挙げる4つの要素を総合的に検討する必要があります。
<h3>機能</h3>
ツールの選択において最も押さえていきたい基本事項は、提供される機能が自社のニーズに合っているかどうかです。顧客情報の管理、データの分析能力、活動報告の自動化など、目標達成に必要な機能を備えたシステムを選びましょう。また、将来的に業務が拡大した際にシステムが柔軟に対応できるかどうかも、見逃せないポイントです。
<h3>操作性</h3>
複雑な操作を必要としないこと、直感的に使えることは、迅速な導入と高い活用率を実現するために不可欠です。操作性が高いツールほど、担当者のトレーニングコストを削減し、日々の業務への負担を軽減します。実際にデモを試用して、インターフェースの使い勝手を確認しましょう。
<h3>コストパフォーマンス</h3>
組織の予算内で最大の効果を発揮するシステムを見つけ出すことは、経営面で非常に重要です。初期導入コストだけでなく、維持管理に要する費用も含めた総コストを評価し、長期にわたる投資対効果を慎重に検討する必要があります。また、追加機能やアップグレードが必要になった際の追加費用についても、前もって確認しておきましょう。
<h3>サポート体制</h3>
充実した顧客サポートは、特に導入初期において、問題発生時の迅速な解決を支援します。提供されるサポートの種類、利用可能な時間帯、対応の迅速性などを確認し、万一の状況においても安心して利用できるシステムを選ぶことが肝要です。さらに、定期的なアップデートや改善が行われるかどうかも、システムが長期にわたって価値を提供し続けるかどうかの指標となります。

この記事を読んでいる方におすすめの記事

【2024年最新版】リードジェネレーション~ナーチャリングまで。 新規獲得に有効な手法や事例など具体的なポイントを解説


<h2>SFAツール導入を失敗しないための注意点</h2>
ツールを導入する際には、その過程で直面する可能性のある落とし穴を回避するために、事前にいくつかの注意点を理解しておくことが必要です。ここでは、計画段階から実際の導入、長期的な運用に至るまで、成功を確実にするためのキーポイントをいくつか紹介します。
<h3>明確な目標の設定</h3>
最初のステップとして、何を達成したいのかという明確な目標を設定することが不可欠です。これには、業務プロセスのどの部分を改善したいか、どのような成果を期待しているかが含まれます。目標が明確であればあるほど、適切なシステムを選択し、期待される成果を達成しやすくなるでしょう。
<h3>社員のトレーニング</h3>
社員にとって、新たなシステムを導入するということは、業務上かなりの変化になります。そのため、計画の初期段階から実際に従業員を関与させ、必要なトレーニングを提供することが重要です。従業員がシステムを受け入れ、効果的に使用することができれば、導入後の成功率は大きく向上します。
<h2>SFAツールは自社に最適な選び方をして上手く活用しよう</h2>
おすすめのSFA(営業支援ツール)比較10選と選ぶときのポイント、注意点について解説しました。これらの情報をもとに、自社のニーズに合ったツールを選択し、組織の生産性向上につなげることが可能です。適切なツールを選ぶことで、顧客管理の効率化はもちろん、データにもとづく戦略的な営業活動が行えるようになります。

オンラインアシスタントサービス「セリーズ(Selly-s)」では、SFAツールなどの運用代行や営業活動の効率化を図る施策もご提案しています。SFA導入をご検討中で営業活動に課題をお持ちの方は、是非お気軽にご相談ください。

この記事の投稿者

新井 学(Manabu Arai)
2015年創業のインサイドセールス支援会社、株式会社ビズリンクスの代表。
営業オンラインアシスタント『セリーズ』、リード獲得サービス『リードコンシェル』を運営。 インサイドセールス、マーケティング、クリエイティブと企業成長を支えるビジネスサイドを幅広く支援。
法人営業20年、前職ではワークスアプリケーションズの営業責任者を務めるなどエンタープライズセールスの経験も豊富。
資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

資料請求・お問い合わせはこちら