インサイドセールスコラム

リード獲得・テレアポ

顧客データの収集方法や分析のポイントを解説!役立つ管理ツールも紹介

営業活動において、顧客に関するデータの収集と適切な活用は非常に重要です。この記事では、顧客データの収集方法や分析のポイントを解説しつつ、役立つ管理ツールも紹介していきます。効率的な情報管理ツールを利用しながら、営業の成果を最大化するための方法を知りたい方は必見です。

顧客データとは?

顧客データとは、端的に言えば、ビジネスに効果的なマーケティング戦略を構築し、サービスを向上させるために不可欠な情報の集まりのことです。まずは、このデータの基本的な定義とその重要性について解説します。

顧客データの基本的な定義

顧客のデータとは、企業がその相手と関係を築くために利用する、名前や連絡先、購入履歴、行動パターンなどの詳細を含む情報を指します。このデータを適切に取得し、解析することで、顧客のニーズに合ったサービスや商品の提供が実現可能です。

顧客データの重要性

顧客のデータは、市場のトレンドを理解し、効果的なプロモーション戦略を立てるための鍵となります。また、顧客一人一人の好みや行動を把握することで、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することが可能です。結果として、顧客満足度を高めることにつながります。

顧客データがビジネスに与える影響

顧客データを活用することにより、企業は効率的な意思決定ができるようになります。たとえば、顧客の過去の購入履歴から将来の購買行動を予測し、在庫商品を最適化することが可能です。また、顧客のフィードバックをもとに商品開発することで、市場での成功率を高めることも期待されます。

顧客データの種類と収集方法

企業が顧客のデータを得る手段は多岐にわたります。どんなデータがあるのか、その種類を理解することが大切です。

「定量データ」とそれを取得する手段

定量データとは、数値で表される情報のことです。具体的な行動や事象を客観的に評価するために使用されます。具体的には、顧客の購買件数、ウェブサイトへの訪問回数、滞在時間など、数値で表せる顧客活動のデータがこれに該当します。これらは顧客の行動パターンや傾向を明確に示すため、企業がマーケティング戦略や製品開発を行う基盤となる重要なデータです。
このデータを取得するためには、さまざまなツールが使用されます。ウェブサイトやアプリケーション、さらには販売データベースから顧客の行動や取引情報を取得する自動追跡ツール、ウェブサイトやモバイルアプリの利用状況を詳細に追跡することに特化したウェブアナリティクスツールが代表的なツールです。

特に、ウェブアナリティクスツールは「どのページが最も閲覧されているか」や「ユーザーがどれくらいの時間をそのページで過ごしているか」などの情報を提供するツールとなり、ウェブサイトの最適化に役立ちます。

「定性データ」とその収集手段

定性データとは、数値では表現されない、テキストや言葉で表される情報です。顧客の感想や意見、評価コメントなどがこれに該当します。顧客の感情や意見、期待を理解するのに役立つデータであり、これを活用することで、企業は顧客の深層心理や満足度を把握し、顧客経験の向上や製品改善につなげることが可能です。このデータを取得するには、顧客インタビュー、問い合わせフォーム、SNSのコメントなどを利用します。顧客インタビューは、顧客との直接の対話を通じて意見や感想を得る方法です。問い合わせフォームは、特定の問題に対する顧客の反応を構造化された形で収集し、大量のデータを効率的に処理するのに役立ちます。また、SNSは顧客の意見や感想をリアルタイムで捉えることができ、市場のトレンドや顧客満足度の変動を把握するのに有効です。

データ収集に効果的な方法

効果的にデータを集めるには、具体的な手順と戦略が必要です。まず、明確な目標を設定しましょう。どのデータを何のために必要としているのかを具体的に定義することが求められます。たとえば、製品の改善を目指す場合、顧客の使用経験に関するフィードバックや製品に対する満足度が重要なデータとなるでしょう。なお、顧客データを得るには、その目的を明確に伝え、顧客の同意を得ることが不可欠です。その際、データの使用目的と保護方針を詳細に説明するプライバシーポリシーを提示することも含まれます。顧客の信頼を築き、レスポンス率を高めるためにも必要です。

さらに、より多様な情報源を利用することも必要です。顧客からの直接のフィードバックだけでなく、社内の販売データや顧客サービスのログ、さらにはSNSの分析などから得られる情報を組み合わせます。ある一つのデータのみに依存するのではなく、多角的に顧客の行動やニーズを分析することが重要です。また、データを集めるだけでなく、同時に、そのデータを分析しやすい形で整理・保存するシステムも構築しておきましょう。データウェアハウス(DWH)の設計やクラウドベースのデータ管理システムの導入などがその例です。集めたデータの価値を最大限に引き出し、迅速な意思決定を可能にします。

顧客データ収集の際の注意点

顧客のデータを集める際には、法的規制の遵守はもちろん、顧客の信頼を損なわないような配慮が求められます。では、具体的にどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

法的要件とプライバシーポリシーの遵守

企業が顧客の情報を取得する際には、法律や規制を厳格に守ることが不可欠です。法的要件を無視して顧客の情報を取得しようとした場合、顧客の信頼を失うだけでなく、法的責任を問われるなど、重大なリスクに直面することになります。
また、企業は顧客に対して、自社のプライバシーポリシーを明確かつ分かりやすい形で公開し、どのように顧客情報が利用されるかを分かりやすく説明する義務があります。

セキュリティ対策

顧客情報は機密性の高い情報です。情報漏洩や不正アクセスは絶対に防がなければなりません。そのため、厳重なセキュリティ対策が不可欠です。強力な暗号化技術、アクセスの厳重な統制、定期的な監査を行いましょう。

データの正確性

顧客から得た情報は正確で最新なものでなければなりません。情報が古かったり誤っていたりすると、分析結果にも誤りが生じてしまいます。そのため、定期的なレビューと更新が不可欠です。正確なデータこそが、効果的な意思決定と戦略策定に絶対不可欠です。

顧客からのフィードバックを記録する

顧客からのフィードバックは、製品やサービスの改善に直接的な影響力を持ちます。これを適切に活用することで、顧客の期待に応え、顧客満足度を高めることができるでしょう。
フィードバックは顧客の感情や満足度を定量化し、企業が直面している問題点や改善の余地を明確にする重要な情報源です。フィードバックを記録して活用することで、組織は具体的な改善策を計画し、実行するための指針を得ることができます。

顧客データの管理で役立つツール

顧客情報の効果的な管理に役立つ代表的なツールをいくつか紹介します。顧客情報の取得から評価、解析、保存に至るまで、一連のプロセスを効率化するためのツールです。

Excel(エクセル)

Excelは、データを編集しやすい形で保存するのに便利なツールです。基本的な数値計算やトレンド解析もできます。膨大なデータを扱うのでなければ、小規模なデータベースとしても利用できるので、使い勝手がとても良く、データ整理の初期段階に適しています。

CRM(顧客関係管理システム)

CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、顧客とのやり取りを体系的に統制し、関係を強化するためのツールです。顧客情報を一元的に保存し、各顧客とのコミュニケーションの履歴を追跡することも簡単にできます。また、顧客の行動や好みを把握するのに便利なツールです。

SFA(営業支援システム)

SFAとは「Sales Force Automation」の略で、営業活動を効率化するためのシステムです。営業チームが顧客との関係を整備し、営業プロセスを自動化することで、時間の節約と精度の向上を実現します。たとえば、見込み顧客の追跡や営業成績の解析などが容易になります。なお、SFAはCRMと密接に関連しており、CRMシステムの一部として統合されて使用するケースが多いです。

MA(マーケティングオートメーション)

MAとは「Marketing Automation」の略で、マーケティング活動の自動化を支援するツールとして使われます。メールの自動配信、リード生成、顧客行動の追跡など、複雑なマーケティングプロセスを効率的に管理することが可能です。また、顧客とのエンゲージメントを高め、タイミングやコンテンツの最適化を通じて、マーケティングの効果を最大限に引き出すのに役立ちます。

この記事を読んでいる方におすすめの記事

【2024年最新版】リードジェネレーション~ナーチャリングまで。 新規獲得に有効な手法や事例など具体的なポイントを解説

顧客データ活用のポイント

顧客データの分析を効果的に行うためには、どのようなポイントに特に注意すべきなのでしょうか。

明確な目的の設定

顧客情報を収集する際に事前にこのデータを活用して何を達成したいかを明確にしておきましょう。目的を明確に設定しておくことで収集すべき項目の設定や営業・商品開発などの際に最適なデータを選択することが可能になります。

データを最新のものに更新

顧客データは正確性が最も重要となります。そのため、扱う情報は定期的に更新する必要があります。古い情報のままそのデータを活用してしまった場合、最適な顧客へのアプローチや最新情報を反映させたフィードバックを活かすことができずに、せっかくの顧客データの活用効果が半減してしまいます。

データのセグメンテーション

顧客データを営業活動で活用する場合、さまざまな角度から分類し、グループに分けてそれぞれに合わせた戦略を立てることが大切です。これがアプローチの際に効果的な意思決定のポイントとなります。

顧客データを活用して営業効果を最大化させよう

顧客データの収集方法や分析のポイントを解説し、合わせて管理する際に役立つツールも紹介しました。データを適切に活用することで、マーケティング施策から営業活動において効率と効果が上がります。今回紹介したツールや方法を取り入れ、目的に応じてデータを取得し、顧客との関係を深めましょう。

オンラインアシスタントサービス「セリーズ(Selly-s)」では、リードの獲得から育成・フォローのほかに顧客管理ツールを活用したマーケティングから営業活動までワンストップで支援しています。マーケティングも含めた営業支援をお探しの方はぜひ一度、ご相談ください。

この記事の投稿者

新井 学(Manabu Arai)
2015年創業のインサイドセールス支援会社、株式会社ビズリンクスの代表。
営業オンラインアシスタント『セリーズ』、リード獲得サービス『リードコンシェル』を運営。 インサイドセールス、マーケティング、クリエイティブと企業成長を支えるビジネスサイドを幅広く支援。
法人営業20年、前職ではワークスアプリケーションズの営業責任者を務めるなどエンタープライズセールスの経験も豊富。
資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

資料請求・お問い合わせはこちら